あせとせっけん

山田金鉄
講談社 モーニング

汗っかきな私は汗対策に追われる毎日。

極力、汗をかかないように気をつけながら、こまめに汗を拭き消臭に励む。

ある日、商品開発部の熱血社員に匂いを嗅ぎつけられ、やたらに褒められた。

開発に役立てるため、これから毎日匂いをかぎに来ると言われてしまった。

自分の体臭を嗅がれるのは抵抗がある。

でも、私はもともと会社の商品のファンだったから、開発社員の話を聞けるのは嬉しかった。

→『 あせとせっけん

電子書籍なら【イーブックジャパン】がオススメ
☆ スマホでいつでもサクサク読める ☆
☆ ヤフージャパンの運営する良質サービスです ☆